浜崎あゆみ~ayumi hamasaki~

「浜崎あゆみ」を応援し続ける「しるびあ」です。 あゆが引退するまで、応援し続けるのかもしれない・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京・秋葉原にヨドバシカメラの国内最大級店舗「マルチメディアAkiba」がオープンして1カ月半。電器専門店とアニメ系のショップが集まり、「オタクの聖地」としていまや世界的にも有名な「アキバ」は、どう変わったのか。【谷口崇子】
 「人、人、人で商品が見えないほどでした」と開店直後の忙しさを振り返るのは、加藤康志・副店長。開店後4日間で約105万人が来店。ヨドバシは近隣各県から店員をかき集める総力体制で乗り切った。
 9月16日の開店から1カ月間の来店者は350万人超。04年度の東京ディズニーリゾート(ランドとシー)の月間平均入園者数209万人、プロ野球・阪神の年間観客数313万人をしのぐ数字が反響の大きさを物語る。
 8月24日に開業したつくばエクスプレスは、ヨドバシ開店を境に秋葉原駅の1日当たり乗車人数が1万~2万人アップ。JRも、つくばエクスプレスと競合する駅のほとんどが利用者を減らす中、秋葉原駅だけは増えた。
 「顧客が奪われる」と心配していた電気街にとっても、今のところはプラス効果のようだ。秋葉原電気街振興会の狗飼隆次事務局長は「目抜き通りは今まで見たことのないほどの人出。お客さんは思った以上に電気街に回遊してくれている」とホッとした様子だ。詳しい数字は集計していないが、電気街全体では10%程度売り上げが伸びたとみられる。
 家族連れ客が増えたことも特徴だ。ヨドバシの店内にはおもちゃ売り場やレストラン街があり、女性トイレには授乳室やパウダールーム、おむつ替えコーナーもある。「オタクの街と言われるようになった秋葉原に家族連れを呼び込みたい」(ヨドバシの藤沢昭和社長)との狙いは当たり、来店客の半分以上が家族連れ。
 妻、生後7カ月の娘と一緒に来店していた東京都荒川区の会社員(36)は「これまでは池袋のビックカメラに行っていたが、これからはこちらで」と話す。
 家族連れにもいろいろあるらしい。秋葉原に詳しい東京大学先端科学技術研究センターの妹尾堅一郎特任教授は「“隠れアキバ族”が家族連れで戻ってきた」と指摘する。「男は基本的に機械が好き。以前、秋葉原に通っていた人が、ヨドバシに行くことを名目に秋葉原に帰ってきた」というわけだ。
 独身時代のように一人で秋葉原に出かけるのは家族の目があり後ろめたい。しかし、「ヨドバシに行こう」と家族ぐるみで出かければ、自分の好きな店にも堂々と寄ることができる。
 それを裏付けるように、電気街の部品店やパーツ店に「よお、久しぶり」と顔を出す昔のなじみ客が増えているという。
 秋葉原には、来年3月には地下3階、地上22階建ての大規模再開発ビル「秋葉原UDXビル」がオープンする。3年以内にさらにホテルやオフィスビルが数棟開業する予定だ。
 妹尾特任教授は「秋葉原には不思議な潜在力があり、いずれはテーマパークのような街になるかも」と期待する。ヨドバシ開店は街が進化していく過程の一コマなのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ayulove777.blog19.fc2.com/tb.php/77-3f6a3627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。