浜崎あゆみ~ayumi hamasaki~

「浜崎あゆみ」を応援し続ける「しるびあ」です。 あゆが引退するまで、応援し続けるのかもしれない・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YouTubeエイベックスマーケティング株式会社は2008年10月24日、コンテンツパートナーシップを結び、YouTube のコンテンツパートナーのための「ブランドチャンネル」を活用して、「avex Channel」の提供を開始した。

YouTube では、一般ユーザーは10分までしか動画をアップロードすることができないが、YouTube のコンテンツパートナーとしてブランドチャンネルを活用することにより、必要に応じた長さの動画を提供することが可能。

avex Channel は今後、avex に所属するアーティストのミュージックビデオやオリジナル映像などの動画コンテンツを配信すると共に、各アーティストサイトへの誘導を図り、全世界へ向けた新たなプロモーションを実施していくという。

第一弾コンテンツとしてダンスミュージックと J-POP の融合をテーマにしたプロジェクト「ravex」のコンテンツがアップロードされている。
[japan.internet.com]
スポンサーサイト
 18日に上海でコンサートを開く日本の人気歌手、浜崎あゆみが13日昼ごろ、現地入りした。
空港には熱心なファンが大勢詰めかけ、混乱の中で浜崎が大事にしている指輪を失くしてしまう騒ぎもあった。
現場ではスタッフが懸命に指輪を探したが、見つからなかった模様だ。
現地メディアは「それでも浜崎は気を取り直し、スケジュールをこなしている」と伝えた。

 同日午後、浜崎はアジア地域でイメージキャラクターを務める下着メーカー、ワコールの記者会見に出席(=写真)。中国語も披露して会場を沸かせた。

 浜崎は今回の上海滞在中、コンサートの他に新曲のプロモーションビデオ撮影も行う計画。オールド上海の雰囲気のセットの中で、現地の女性たちと共演する予定だという。
[浜崎あゆみが上海コンサートで現地入り 指輪紛失騒ぎも]
[recordchina]
 NTTドコモは2008年9月30日,エイベックス・エンタテインメント(AEI,本社:東京都港区,社長:松浦勝人氏)と新たに共同出資会社を設立するため,同日に契約を締結したと発表した(発表資料)。新会社の名称は「エイベックス通信放送」で,2009年2月に設立を予定する。資本金は70億円(資本準備金を含む)で,出資比率はAEIが70%でNTTドコモが30%である。新会社の設立によって,NTTドコモが持つ通信インフラや携帯端末における高い開発力と技術力などと,AEIが持つコンテンツ制作力や歌手のマネジメントのノウハウなどを組み合わせて,携帯電話を活用した映像配信ビジネスを共同展開する。モバイル向け動画コンテンツ市場のさらなる形成と活性化も図る。

 NTTドコモによると,現在の携帯電話を利用した映像配信ビジネスでは映画館やDVDなどで鑑賞することを前提としたコンテンツを流用したサービスが中心で,独自コンテンツは未だに少ないのが現状だという。共同出資会社のサービスでは,テレビや映画といった既存の映像メディアとは全く異なる視聴スタイルを想定しており,AEIやほかのコンテンツパートナーが中心となって,企画・脚本・編集・カメラワークなどにおいて「携帯電話の小さな画面で鑑賞する」ことを最大限考慮したコンテンツ作りを行なう。また,複数のラインナップのなかからユーザーの嗜好(しこう)に合わせたコンテンツを配信するなど,携帯電話機のパーソナル性に焦点を当てたサービスを展開する。

 コンテンツについては,AEIが浜崎あゆみやEXILEなどによる音楽系オリジナル・コンテンツの制作を中心的に行い,有力な映像パートナーとの制作協力関係の構築を積極的に推進する。現時点においては,テレビ放送や劇場公開映画で数多くのヒット作品を生み出してきたフジテレビジョンをパートナーとして,コンテンツを共同制作することが決定している。フジテレビが自社メディア以外に向けて新たに映像作品を継続的に制作し,提供するのは前例のないことだという。

 フジテレビ以外にも,全米映画興行収入1位を獲得した『THE JUON/呪怨』などハリウッドでも活躍するプロデューサーである一瀬隆重氏が代表を務めるオズなど5社をパートナーとして,コンテンツを共同制作することが決定している。このほかにも多くの映像関係者が新サービスの戦略・構想に賛同しており,NTTドコモは「パートナー名や具体的な企画内容,提携内容については,正式に決定次第発表する」としている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。