浜崎あゆみ~ayumi hamasaki~

「浜崎あゆみ」を応援し続ける「しるびあ」です。 あゆが引退するまで、応援し続けるのかもしれない・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突発性内耳障害のため左耳の聴覚をほぼ失っている歌手浜崎あゆみ(29)が16日、千葉・成田空港着の日航機でパリから帰国した。
パナソニックの新CM撮影で9日に日本を出発し、パリ経由でイタリアのベネチア入り。
関係者によると、撮影を終えたあゆは現地時間の12日にベネチアからパリに戻り、数日間滞在した後、日本に戻った。予定していたロサンゼルス行きはキャンセルした。

関係者に付き添われて機内から現れたあゆは、到着ゲートで待ち受けた取材陣に一礼。
「体調は大丈夫ですか?」との問い掛けに「体調ですか? はい」と笑顔を見せた。
関係者と笑い合うなど上機嫌。
混雑で転倒しそうになったカメラマンを「大丈夫ですか?」と気遣った。
しかし「これからも歌い続けていきますか?」と聞かれると「ごめんなさい。えっ?」と質問を聞き直し、左耳の不調をうかがわせる場面もあった。

歌手デビュー10周年の決意表明として4日に難聴を再告白。
ファンを心配させたが、音楽活動に専念することで不安を吹き飛ばす。
今後は新曲の制作と4月5日からスタートするアジアツアー(海外公演の概要未定)のリハーサルに入る。
会員制ホームページ(HP)で「私はボーカリストであり続けたい。
残されたこの右耳がいけるところまで、限界まで、歌い続ける」と宣言した通り、障害を乗り越えて歌手の道を貫く。

元日に発売したアルバム「GUILTY」は出荷75万枚を超え、今年発売のCDで最初のミリオン突破が見えてきた。あゆは同HPで「プロとして、必ず最高の歌をみんなに届けてみせる。行くぜ10周年!」と約束した。
この日の帰国を機に歌手活動を本格化する。

画像
nikkansports.com
[SANSPO.COM]
[あゆ帰国 4月からは10周年ツアー(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース]
[デイリースポーツonline/あゆ帰国…左側からの声に戸惑う様子も/芸能・社会]
[あゆ帰国「え?」取材陣質問を聞き直す ニュース-ORICON STYLE-]

あゆCM降板騒動とエイベックスの台所事情

 昨年11月、エイベックス・グループ・ホールディングスは、08年3月期の連結営業当期純利益の見通しを、従来予想の31億円から26億円へ下方修正した(ちなみに、07年3月期純利益は30億6300万円)。同社はその理由に、予定していたDVD作品のリリース時期がズレ込んだことなどを挙げていたが、ほかにもCD不況、巨額を投じて宣伝した新人・高杉さと美の大コケなど、〝経営不調〟の原因は推測され、その最たるは映画事業の不調だろう。来年には30億円以上を出資する大作『赤壁 Battle of Red Cliff(仮)』(ジョン・ウー監督)の公開が控えており、「松浦社長も『これがコケたら、さすがにマズイね……』などと漏らしていた」(芸能プロ関係者)とも聞く。


 そんな中、エイベックスの歌姫・浜崎あゆみの周辺も妙に騒がしい。まず、昨年夏頃に「浜崎のパチンコ台が出る」との噂が流布。続いて11月には、現在、倖田來未もCMキャラクターを務める宝飾品販売会社・ジェムケリーとのコラボレーションが、突如中止になるといった事態が勃発している。浜崎が表紙を飾った「Sweet」(宝島社)の12月号に、「11月中旬より新曲が『ジェムケリー』のCMソングとしてオンエアされます」と告知されていたこと、さらに音楽系フリーペーパーの裏表紙に「ayu×ジェムケリー」と銘打たれた写真付き広告が掲載されていたことから、浜崎がCMソングだけではなく、新CMモデルに起用されることは確実視されていた。それが解禁前に突然の中止……一体何があったのか? パチンコ化の噂と併せてエイベックスに問い合わせたところ、パチンコ化については「そのような事実はございません」と否定。CM降板については、「当社グループでは、取引先との契約内容等についてお答えしておりません」との回答だった。しかし、一方のジェムケリー・広報はこう答える。

「浜崎さんを起用した広告展開が予定されていたことは事実です。が、契約以前に白紙化したことですので、特に申し上げられることはございません」

 楽しみにしていた浜崎ファンにとっては、さぞ失意の限りだろう……と浜崎のファンサイトなどを巡ってみると、意外にも「中止になってよかった」などと喜ぶ意見が目立つ。というのも、ジェムケリーの〝評判〟に問題があるようなのだ。「週刊女性」(07年11月20日号/主婦と生活社)によれば、「『ジェムケリー』は販売手法を巡って、全国各地で問題が起きているんです。いわゆる〝当選商法〟や執拗な〝電話勧誘商法〟まがいの手法を使って、アクセサリーを販売している」との評判もあるらしく、そもそもの起用を歓迎しないファンも多かったのである。そのため、「ファンによる抗議で中止になったのでは?」とも噂されている。

 こうしたドタバタが繰り広げられる背景について、ある音楽業界関係者は「マネージメント業による収益を、アテにしすぎた結果では?」と指摘する。

「05年、エイベックスは浜崎や倖田來未など、所属アーティストをマネージメントしていた事務所『アクシブ』と合併。これにより、マネージメントによる収益が大きく見込めるようになったんです。倖田がパチンコ台になったり、お酒のCMに出演したりしていますが、本来なら小中高生に対するイメージが悪くなるので、避けるもの。そこをあえてやっているのは、それだけ資金が必要、ということなんじゃないかと。今回の浜崎のCM降板騒動も、イメージより収益を優先したために、起こったのではないでしょうか」(同)

 現在も、浜崎のマネージメントに関しては、松浦勝人社長に決定権があるとも聞く。間違っても「CM契約料に目がくらんだ」なんて、情けないこと言わないでくださいね、社長!

[日刊サイゾー]
[あゆ帰国「え?」取材陣質問を聞き直す]の続きを読む
スポンサーサイト
(株)アクトビラは、デジタルテレビ向けVOD映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」「アクトビラ ビデオ」において、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが提供する「スパイダーマン」シリーズの配信を1月17日より行う。
また2月1日以降順次、矢沢永吉、浜崎あゆみら邦楽アーティストのライブ映像の配信を行う。

☆浜崎あゆみ 2007年12月31日に国立代々木競技場第一体育館で行われた、カウントダウンライブ 『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2007-2008 nniversary』の映像
配信予定時期:春頃

[アクトビラ、「スパイダーマン」シリーズを1月17日より配信 AV&ホームシアターNews]
 今年で歌手デビュー10周年を迎える浜崎あゆみさん(29)が、「左耳は、もう完全に機能しておらず、治療の術はない」と、左耳の聴力を失ったことをウェブサイトで明らかにした。
2008年1月7日になって、国内各メディアは、この「衝撃告白」をいっせいに報じたが、実は中国のメディアは、その半日以上前にこのニュースを報じていた。
中国や台湾でも人気の浜崎さんだが、現地メディアの立ち上がりの早さからも、「アジアの歌姫」ぶりが明らかになった形だ。

■日本メディアが報道する半日以上前に記事掲載

 浜崎さんは2008年1月4日、公式ファンクラブの会員制ウェブサイト「Team Ayu」に、このように書き込み、自らの病状を明らかにした。

  「実は去年、耳の検査をしてもらったのだけど、左耳はもう完全に機能しておらず、治療の術はないと診断されたんだ」

その一方で、

  「それでもやっぱり、私はボーカリストであり続けたい。だから、残されたこの右耳がいけるところまで、限界まで、歌い続ける」

と、今後への歌手活動への意欲を示した。

 浜崎さんは2000年、突発性内耳障害を患い、緊急に治療が必要だとしてコンサートツアーを延期している。これが悪化したものと見られる。

 確認できる限りでは、このニュースを国内マスコミで最も早く報じたのは産経新聞のウェブサイトで、2008年1月7日に日付が変わった直後に記事が掲載された。
各スポーツ紙が続々と後追いし、各社のウェブサイトには同様の記事が掲載された。朝のワイドショーでも、各局が大きく取り上げた。

 ところが、驚いたことに、外国メディアは、このニュースを半日以上前に報じていたのだ。

 確認できる限りで、かなり早い段階でこのニュースを報じたのは、中国紙「信息時報」。
日本のメディアが報道する半日以上前の、1月6日の10時20分頃には記事を掲載していた。同紙は、中国国内の各ポータルサイトにも記事を配信しており、国営・新華社通信のウェブサイトにも掲載された。
「信息時報」の後追い記事を含めると、浜崎さんの病状は、日本語よりも早く中国語で幅広く伝わった、ということが言えそうだ。


 浜崎さんは07年に台北・香港・上海などをめぐるアジアツアーを成功させ、アジア各国での知名度も高い。

■家族やスタッフよりもファンに真っ先に病状を伝える

 さらに、同日12時半過ぎには、国営の国際放送「中国国際放送」の英語セクションが配信した記事が新華社通信の英語版ウェブサイトにも掲載され、今度は英語でニュースが幅広く伝わった。

 日本のネットユーザーも、この英語記事で浜崎さんの病状を知った例が多いようで、この英文記事を日本語に翻訳をしたものを情報源に、2ちゃんねるでは多数のスレッドが立ててられた。

 これまでは、芸能人が病状などを発表する際は、芸能事務所が国内のマスコミにファクスを送信する、というのが一般的だった。そう考えると、「国内の芸能マスコミが海外マスコミにネタを抜かれる」というのはあり得ない話のはずだったが、これが覆りつつあるようだ。

 実際、浜崎さん自身も、病状を明かした経緯をファンクラブのウェブサイトに、このように書いている。

  「私はいつだって、出来る限り、自分の言葉で自分の想いを正直にみんなに伝え続けてきたつもり。(略) だから、、、書くね。
愛する家族達やスタッフ達にも伝えずに、私の胸にだけ秘めていた事を…」

つまり「家族やスタッフよりもファンに真っ先に病状を伝えたかった」という意向を明言し、マスコミを通じた発表を否定してみせたのだ。

 メディアの国籍に関係なく、「早くウェブサイトのメッセージを見つけた記者が、早く報道できる」ということで、結果として日本のマスコミが中国マスコミに大きく水を空けられることになってしまった、ということのようだ。

[「左耳聞こえない」あゆ衝撃告白 実は中国紙の特ダネだった(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース]

[浜崎あゆみ「左耳もう聞こえない」公式ファンクラブHPで告白(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース]
[あゆ告白 左耳の聴力失っていた(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex 速報]
[「左耳聞こえない」告白の浜崎あゆみに国内外から激励メール - MSN産経ニュース]
[BBC NEWS | Entertainment | Japanese pop star deaf in one ear]
[Japan's pop princess 'Ayu' goes half deaf: blog - Yahoo! News]
[1oven.com | ワンオーブン | MIKA NOGUCHI BLOG | Talking about AYU]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。